非公開フォントの登録と利用

REALTYPEでは、非公開フォントを登録したユニット・ユーザーだけで利用を行うことができます。

これにより、一般には公開したくないフォントデータを、特定のウェブサイトで、サブセットフォントでご利用いただくことが可能となりました。

1.ユニットの追加

※2名以上でフォントやサイトを管理しない場合は手順2へお進みください

 

左上のユーザー選択メニューからユニット新規作成をクリックします。

ユニットの名前、説明などを入れ、ボタンを押します。しばらくすると作成したユニットに切り替わります。

なお、ユニット名はフォントセレクターに表示されますが、非公開フォントは他のユニット・ユーザーには見えません。

ユニットへユーザーを追加するには、ユーザー選択メニューから先ほど作成したユニットを開き、ユニット設定をクリックします。

メンバー設定を開きます。

メンバー設定

ユーザー招待から、招待するユーザーのメールアドレスを入力します。

メンバー設定のユーザーID追加

入力されたユーザーは下記のように招待メールが届きますので、URLからログインもしくはサインアップを行います。

招待されたユーザーのユーザー選択メニューで、参加ボタンを押します。

ユニットメンバーに招待したユーザーの名前が表示されれば招待完了です。

次に、招待したユーザーに、ユニットの管理権限を付与するには、招待操作を行ったユーザーから、同じくメンバー設定のメンバー編集を開き、★のボタンをクリックします。

管理者ユーザーに昇格させる

これにより、管理者に昇格依頼をされたユーザーのユーザー選択メニューには管理者になるボタンが表示されるので、これをクリックします。

管理者になったユーザーは☆から★にマークが切り替わります。

管理者になった招待されたユーザー

2.フォントプロジェクトの追加

作成したユニットに切り替えて、フォント制作アイコンをクリックします。

次に新しいフォントを作成ボタンをクリックします。

表示されるモーダルでフォントの情報を入力します。

フォントプロジェクト一覧に作成したフォントが表示されるので、プロジェクト名をクリックします。

フォントプロジェクト内に入ったら、フォントファイル管理をクリックします。

ファイルを選択ボタンをクリックします。

アップロードするフォントファイルを選びます。

アップロードボタンをクリックします。

アップロードが完了すると、自動的にREALTYPEに審査請求が行われ、ユーザーメールアドレスに下記のようなメールが届きます。

審査は1週間ほどで完了しますが、審査をお急ぎの場合はこちらからお知らせください。

審査が完了すると下記のようなメールが届きます。審査通過となっていることをご確認ください。

審査が完了した先ほどのフォントプロジェクトのフォントファイル管理画面を開き、デフォルトボタンをクリックします。

フォントプロジェクト設定を開きます。

必要に応じてタグ、ウェイト、アイコン画像の設定を行います。

価格情報の変更ボタンから価格を設定します。

モーダルが開くので価格を入力し、変更ボタンを押します。

以上で非公開フォントの設定が完了しました。

フォントセレクターへ移動し、下記のように「非公開」としてフォントが表示されていれば操作は完了です。

なお、非公開フォントはタイプテスターでプレビューすることができませんのでご注意下さい。プレビューを行う場合は、フォント制作→フォントファイル管理→確認するフォントの「データ確認」リンクからグリフビューアーを起動してご確認ください。

3.ウェブサイトの追加

非公開フォントを使う流れは、まず非公開フォントを登録したユニットにユーザーを切り替えます。

次に、フォントセレクターから利用する非公開フォントが表示されていることを確認し、利用開始のチェックを入れます。

ウェブサイトの追加には決済情報の入力が必要です。ユニット設定から決済情報の登録をお願いします。

決済情報の設定が完了したら、ウェブサイトの追加を行います。ウェブフォントメニューを開きます。

Webサイトの追加ボタンをクリックします。

Webサイトの登録画面が表示されるので、記入します。ここで設定されるアラート金額は、1日に1度、ユニットの管理者アカウントのメールアドレスへ送られます。

URLで設定された配下のウェブページでご利用いただけるようになります。

例としてhttp://にチェックを入れ、www.example.com/とした場合、http://www.example.com/abc/index.html等でもご利用いただけます。

ウェブサイトの登録

ウェブサイトの追加が完了すると、スクリプトタグが発行されるのでこれをコピーします。

スクリプトタグのコピー

HTMLへ埋め込みを行います。

スクリプトタグのHTMLへの埋め込み

フォントセレクターから利用開始にしたフォントのfont-family名をコピーします。

コピーしたfont-family名をCSSで利用したいセレクタに記述します。@font-faceは不要です。

以上で、非公開フォントをご利用いただけます。

フォントクリエイター様の試作フォントの活用や、コーポレート書体のサブセット配信などに是非REALTYPEをご活用ください。