リアルタイプ利用規約

序文

リアルタイプ利用規約(以下、「本契約」という)は、株式会社リアルタイプ(以下、「当社」という)が運営するリアルタイプ(以下、「本システム」という)と本システムを利用する者(以下、ユーザーという)との間の、本システムが提供する全てのサービス(以下、「本サービス」という)の利用に係わる一切の関係に適用します。

ユーザーは、本サービスへフォントプログラム等のデータ(以下、配信データという)の登録を行った個人・団体・法人の配信依頼者(以下、「ファウンドリー」という)及び本システムを通じて配信される配信データの利用者をいいます。

第1条 本契約の範囲および変更

本契約は本システムが提供する本サービス及び本サービス利用者に対し適用されるものとします。本システムのオンライン又は本システムが提供する手段を通じ随時ユーザーに対して発表される諸規定は、本契約の一部を構成し、ユーザーはこれを承諾します。また、当社は、ユーザーの了承を得ることなくこの規約を変更することがあり、ユーザーはこれを承諾します。この変更は本システムのオンラインまたは本システムが提供する手段を通じて随時ユーザーに発表します。

本契約は、本システムを通して配信を行う目的で、本サービスへフォントプログラム等のデータ登録を行ったファウンドリーと当社の間の、本システム上での流通販売及び販売代金の決済方法に係わる一切の関係に適用します。当社はファウンドリーの了承を得ることなくこの規約を変更することがあり、ファウンドリーはこれを承諾するものとします。

第2条 有効期間

本契約は、ユーザーが本契約に同意し、本システムへ登録申請を行った時点から有効となり、ユーザーの本システムの利用実態に係わらず、本システムの登録を破棄するまで有効に存続するものとします。

第3条 ユーザー

本システムが定める手続きにもとづき、本契約を承諾のうえ、当社に対して本システムの利用を申し込み、当社が承認をしたものをユーザーとします。

第4条 ユーザーの承認

本サービスは利用申し込みを行った者(以下、「申込者」という)が、以下の項目に該当する場合はユーザー登録の承認をしない場合があります。または承認後であっても該当者に承諾を得ること無く承認の取消を行う場合があります。

  1. 過去に利用規約違反などにより、本システムのユーザー資格の取消が行われていることが判明した場合
  2. 利用申込内容に虚偽、誤記または記入もれがあったことが判明した場合
  3. 申込者の指定した金融機関などにより利用差止が判明した場合
  4. 本システムの利用料金の支払いを怠っていることが判明した場合
  5. 利用申し込みが同一の者により重複して行われていることが判明した場合
  6. その他、当社が適切でないと判断した場合

第5条 ユーザー番号およびパスワードの管理責任

ユーザーは、ユーザー番号として、本システムより付与された番号(以下、「ID」という)およびパスワードを第三者に譲渡もしくは利用させたり、売買、名義変更、質入などすることはできません。ユーザーは、本契約にもとづき付与されたIDおよびパスワードの管理、使用について責任を持つものとし、当社に損害を与えることのないものとします。ユーザーは、当該IDおよびパスワードでの本システムの利用に関する責任を負うものとし、自己の責任によりその利用に係わる一切の債務を支払うものとします。

第6条 ユーザー番号およびパスワードの共通利用

当社が提供する本システム以外のシステム(以下、「当該別システム」という)の利用を希望するユーザーは、本システムのIDおよびパスワードを使用して当該別システムを利用できるものとします。また、ユーザーが、当該別システムにおいて、本システムのIDおよびパスワードを使用する場合は、本システムでのユーザー登録の際に届け出た内容が、当該別システムにおいても共通利用されることに同意するものとします。
本システムのIDおよびパスワードで利用可能なシステムについては当社が任意に設定および変更できるものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。

第7条 変更の届け出

ユーザーは、住所、電話番号その他本システムへの届け出内容に変更があった場合には、速やかに所定の変更の届け出を本システムに行うものとします。なお、婚姻による姓の変更など、当社が承認した場合を除き、登録された氏名の変更を行うことはできません。

第8条 設備等

ユーザーは、本システムを利用するために必要な通信機器、その他すべての機器を、自己の負担において、準備するものとします。また、自己の費用で使用する機器を電気通信サービスを利用して本システムに接続するものとします。その際、必要な手続きはユーザーが自己の責任と費用で行うものとします。

第9条 本システムの内容の変更及び停止

当社は、ユーザーへの事前の通知なくして、本システムの諸条件、運用規則または本サービスの内容を変更することがあり、ユーザーは、これを承諾します。この変更には、価格の変更および本サービスの内容の部分的な改廃を含みますが、これらに限定されません。また、当社は最低3ヶ月の予告期間をもって、本システムを停止することができます。この変更、停止などについては、本システムのオンラインまたは当社が提供する手段を通じ、発表するものとします。

第10条 本サービスの一時的な中断

本システムは次に該当する場合には、ユーザーに事前に連絡することなく、一時的に本サービスを中断する場合があります。

  1. 本サービスの保守を定期的に、または緊急に行う場合
  2. 地震、洪水等の天災、または暴動、停電などにより技術的に本サービスの提供ができなくなった場合
  3. その他、運用上、当社が本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合

第11条 本サービスの内容の保証および中断

本サービスの内容は、本システムがその時点で提供可能なものとします。本システムは提供する情報、ユーザーが登録する文章およびソフトウェアなどについて、その完全性、正確性、適用性、有用性などいかなる保証も行いません。

本システムは、いかなる理由によって本サービスの提供の遅延または中断などが発生しても、その結果ユーザーまたは他の第三者の被害について一切の責任を負わないものとします。

第12条 損害賠償

当社は本システムの利用により発生したユーザーの損害に対し、いかなる責任をも負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。ユーザーが本システムの利用によって第三者に対して損害を与えた場合、ユーザーは自己の責任と費用をもって解決し、当社に損害を与えることのないものとします。ユーザーが本契約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって当社に損害を与えた場合、当社は当該ユーザーに対して当該ユーザーとの協議の下に相応の損害賠償の請求を行うことができるものとします。

第13条 配信データの納入

配信データの本システムに対する納入は、本システムが提供する配信データの転送方式および申請情報により行うものとします。

第14条 配信データの使用権の許諾

ファウンドリーは当社に対し、以下のとおり権利譲渡不能の使用権の許諾を行うものとします。

  1. 当社は、本システムを通じて、配信データをインターネットを通じて利用者に販売頒布することができる。
  2. 当社は、本システムを通じて、本契約に定める環境へデータを配信することができる。
  3. 当社は、本システムを通じて、ファウンドリーの求めに応じて配信データを改変することができる。
  4. 当社は本システムの普及のため、配信データを、ファウンドリーが当該配信データに本システムを通じて定める使用許諾範囲内において、本システム・当該別システムに使用することができる。
  5. 当社が前項に定める形で配信データを使用するにあたっては、情報の一部又は氏名表示を省略することができるものとする。
  6. 当社は、ユーザーの利便性向上、本システムの円滑な提供、本システムの構築、改良、メンテナンスに必要な範囲内で、配信データについて変更を施すことができる。
  7. 当社は、本システムの普及のため、本システム内および当社の運営する当該別システムに対し、本システムに登録された配信データの情報を表示することができる。
  8. 当社は、権利者であるファウンドリーの所有する著作物がインターネット上に違法にアップロードされている疑いがある場合、被疑権利侵害サイトへの調査、当該著作物の削除等を要請することができる。
  9. 前項の削除等により直接または間接的にファウンドリーに損害が生じても、当社は一切の責任を負わないものとする。

第15条 配信データのユーザー間での管理権限の移譲

ファウンドリーは、他のユーザーへ配信データの管理権限を移譲することを希望する場合、本システム所定の手段により、他のユーザーへ配信データの管理権限を移譲することができます。本システムを利用して管理権限が譲渡された場合でも、著作権その他一切の権利は当該配信データを創作したファウンドリーに留保され、譲渡されるものではなく、当社は、本システムを利用した配信データの管理権限移譲にともなう一切の責任を負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。

第16条 免責事項

当社は、ユーザー間の通信等に関与しません。万一ユーザー間の紛争があった場合でも、当該ユーザー間で解決するものとし、当社はその責任を一切負いません。

当社は、投稿データを管理・保存する義務を負いません。

当社は、投稿データについて、適法性、正確性等に関し一切の責任を負いません。投稿データの情報が、当該ユーザーが所属する法人・団体等の内部規則等に関する適否についても、一切の責任を負いません。

当社は、本システムの運営維持等の事由により、当社から当該投稿データを投稿したユーザーが本システムへ登録したメールアドレスに宛てて、閲覧等の同意を求める電子メールを送信した場合、当該投稿データの内容を閲覧したり、保存したり、第三者に開示すること(以下、本項において「閲覧等」と言います。)ができるものとします。当社は、それによってユーザーに生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。

  1. ユーザーが閲覧等に同意したとき。
  2. 当社が閲覧等の同意を求める電子メールを送信してから7日以内に、当該ユーザーの電子メールでの回答が当社のメールサーバに到達しなかったとき。ただし、緊急止むを得ない事由が生じたときは除く。
  3. 本サービスの技術的不具合の原因を解明し、解消するため必要な場合。
  4. 裁判所、警察等の公的機関から、法令に基づく正式な照会を受けた場合。
  5. 本契約、その他の利用条件等に違反する行為又はその恐れのある行為が行われ、投稿データの情報の内容を確認する必要が生じたと当社が判断した場合。
  6. 人の生命、身体及び財産などに差し迫った危険があり、緊急の必要性があると当社が判断した場合。
  7. その他本サイトを適切に運営するために必要が生じた場合。

ユーザーは、投稿データにおいて、著作権、隣接権、肖像権、工業権その他各種権利を侵害する恐れのないものであることを保証します。第三者が権利を保有するデータが投稿データに含まれていた事が発覚した場合および公序良俗違反の警告、訴訟の提起などがあった場合、ユーザーは該当当事者双方で解決するものとし、当社には一切の責任はないものとします。

ユーザーは、本システムにおいて複数人のユーザーで本サービスを利用する機能(以下、「ユーザーグループ機能」という)を利用し、複数人で本サービスを利用する際にユーザーグループ機能において管理者(以下、「グループ管理者」という)となることができ、グループ管理者は、同一グループ内の他ユーザーまたは過去に同一グループに所属していたユーザーに責任能力が認められないと当社が判断した場合において、本規約に定められた範囲の責任を当該ユーザーの代わりに負う場合があることに同意します。

投稿データに対するユーザーサポートが必要な場合はユーザーが行うものとし、ユーザーが投稿データの保証の必要がないと認めた場合は、投稿データ登録時にサポートを行わない旨の記述を投稿データ説明文に記載することとします。

当社は投稿データの動作等に関する一切の責任を負わないものとします。

第17条 配信の停止・利用契約の解約

当社は投稿データおよびユーザーが以下の項目に該当すると判断する場合は、ユーザーへ事前に通知することなく、投稿データの販売頒布を停止し、あるいは本システム、当該別システムの利用契約を解約することができるものとし、それによって生じたいかなる損害、報酬の支払いおよび既に支払った利用料金の払い戻しなどについても、一切責任を負いません。

  1. 公序良俗に反する場合
  2. 明らかに条例、法令に違反する場合
  3. その他、本契約に違反する場合、あるいは当社が不適当と判断した場合

第18条 販売手数料

配信データは、ファウンドリーが定めた配信データの販売価格で、本システムを通じて販売配信が行われます。

ファウンドリーが希望する販売価格は本システムで定められた範囲で設定できるものとします。

販売手数料は、決済手数料およびホスティング手数料が含まれ、販売価格に含まれます。

ファウンドリーが受け取る収益(以下、「報酬」という)は、ユーザーの購入が成立した販売データごとに月末締めで集計された売上(以下、「売上」という)から販売手数料を差し引き決定します。

販売手数料は原則として売上の70%とし、当社はキャンペーンその他事由により、ファウンドリーに弊社所定の方法による事前通知の上、手数料率を変更する場合があります。

第19条 決済の方法

報酬は、当月の利用料金として支払われた売上から、本契約に定められた販売手数料を差し引き、翌々月20日までにファウンドリーの指定する金融機関へ送金の上、決済するものとします。また送金に係る金融機関の送金手数料はファウンドリーが負担するものとします。

報酬の総額が3,000円に満たない場合は、3,000円を越えるまで翌月支払日へ順次繰り越すものとします。

支払日が当社または金融機関の休業日にあたる場合は、翌営業日に繰り下げて行うものとします。

本システムが提供するユーザーグループ機能を利用する場合、複数人のユーザーで作成した配信データの報酬を、特定の者が代表してまとめて受領できるものとします。

第20条 源泉徴収

ファウンドリーが個人の場合、報酬の支払い時において、源泉徴収を行うものとします。源泉徴収額は1回の支払いにつき100万円以下に対して10.21%、100万円を超える部分について20.42%を預かり、所定期日内に税務署へ納付します。なお、法人については適用外とします。

第21条 ユーザーによる本システムの利用

ユーザーは本契約に従って、配信データを本システムが定める方法によってアップロードもしくはダウンロードすることができます。ユーザーは、本契約に同意しない限り、配信データを使用することはできません。ユーザーは、本契約およびファウンダーが配信データの使用許諾範囲に定義した範囲において配信データを利用することができます。

配信データの利用環境は以下の通り定め、他の利用環境を認めません。

  1. ユーザーが本システムへ登録したウェブサイト(以下、「登録ウェブサイト」という)上かつ、登録ウェブサイトを閲覧する者(以下、「登録ウェブサイト閲覧者」という)が利用する、当社が定めるウェブブラウザアプリケーション上。
  2. 本システムの提供する手段により配信データを受信した、当社が定めるオペレーティングシステムおよびクライアントアプリケーション上。

ユーザーは、本システムおよび配信データについて、本規約で許可されている場合を除き、以下について明示的に禁止されています。

  1. 本システムおよび配信データを逆アセンブル、逆コンパイル、ソースコード解読を試みる、またはソフトウェア保護のメカニズムを無効化、バイパス等により回避する(以下、「リバースエンジニアリング」という)こと。
  2. ユーザーが所在する法域に適用される法律によって、リバースエンジニアリングの制限が禁止される場合であっても、当社に対し係る情報を要求せずにリバースエンジニアリングを行うこと。
  3. 当社が本システムを利用して配信データを設置したユーザーのコンピュータデバイス上の記憶領域から、当該配信データの複製、移動または削除を試みること。
  4. 当社が本システムの目的のために提供する手段を使って本システムへ直接加入する以外の方法で、配信データへのアクセスまたは利用を試みること。
  5. 当社が本システムを利用して配信データを設置したユーザーのコンピュータデバイス上の記憶領域へ、当該ユーザー以外の第三者が配信データへのアクセスまたは利用を試みることができる状態にすること。

第22条 配信データの所有権

本システムを利用して投稿・改変された配信データの著作権その他一切の権利は、本契約において明示的に許諾されている権利を除き、当該配信データを創作したファウンドリーに留保され、本システムを理由に譲渡されることはありません。

第23条 ユーザーの権利

ユーザーは、本契約および本システムにおいて明示的に許諾されている場合を除き、本サービスを通じて入手した配信データを含むいかなる情報も複製、販売、出版その他いかなる方法においても使用をすることができません。

第24条 本システムの提供範囲および利用限度額の設定

  1. 当社は自己の判断に基づき、各ユーザーに本システムの提供範囲の制限を設定または変更することがあります。
  2. 当社は自己の判断に基づき、各ユーザーに本システムの利用限度額を設定または変更することができるものとします。また、当社が設定した利用限度額を超えた利用をユーザーが行う場合に、当該ユーザーに対して本システムの利用を停止することがあります。
  3. 当社は、前項により発生するいかなる責任も負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。

第25条 本システムの利用料金など

本システムは、料金等を毎月計算し請求します。当社は、ユーザーのアカウントが不正なものであり、または支払いが為されないおそれがある場合には、発生した料金について、より頻繁に請求することができます。ユーザーは本契約に基づき、当社の所定の方法により表示される本サービス内容の利用に適用される料金等を、当社が対応するいずれかの支払方法により当社に対して支払います。新しい本サービスまたは本サービスの新しい機能に関する料金等は、当社が通知により別段の明示的な指定をしない限り、当社の所定の方法により、改訂後の料金等を掲載したときに発効するものとします。

当社は、少なくとも25日前までにユーザーに通知することにより、既存の本サービスの料金等を、値上げまたは新たな料金等を追加することができます。当社は、すべての料金等の支払い遅延に対し、毎月1.5%(または、法により認められる最も高い利率が、これより低い場合はその利率)の利息を請求する場合があります。

ユーザーと金融機関などの間で紛争が発生した場合は、当該当事者双方で解決するものとし、当社は一切の責任はないものとします。

本システムが提供するユーザーグループ機能を利用する場合、複数人のユーザーの利用料金を特定の者が代表してまとめて決済できるものとします。

第26条 請求書の発行と支払い期限

本システムの利用料金などの請求書の発行は、当社が承認した場合にのみ行われます。請求書は、毎月1日から末日までの料金明細を含めて翌月10日までにユーザーに配送され、ユーザーは同27日までに所定の機関より支払うものとします。

第27条 ユーザー資格の取消

ユーザーが、次の各号の一つにでも該当する場合は、当社は当該ユーザーのユーザー資格をユーザーに何ら事前に通知及び催告することなく、一時停止または取り消すことができます。この場合当社は報酬の支払いおよび既に支払った利用料金の払い戻しなどは、一切行いません。

  1. ユーザー登録時に虚偽の申告をした場合
  2. 入力されている情報の改ざんを行った場合
  3. ユーザー番号またはパスワードを不正に使用した場合
  4. 本システムの運営を妨害した場合
  5. 本システムの利用料金など支払い債務の履行を遅滞し、または支払いを拒否した場合
  6. 他のユーザーに、損害あるいは著しい精神的苦痛を与えた場合
  7. ユーザー登録後、6ヶ月以上が経過しても付与されたIDおよびパスワードを一度も使用しなかった場合
  8. 利用申し込みが同一の者により重複して行われていることが判明した場合(重複利用申し込み分についてユーザー資格を取消し、1ユーザー資格に限りユーザー承認をします)
  9. 本契約のいずれかに違反した場合
  10. その他当社がユーザーとして不適当と判断した場合

第28条 退会

ユーザーが登録を破棄する場合(以下、「退会」という)は、退会しようとする日の1ヶ月前までに所定の書式にて当社に届け出るものとし、当社に対する債務の全額をただちに支払うものとします。当社は、当社に既に支払した利用料金の払い戻しなどは一切行わないものとします。

退会により以下が発生します。

  1. 退会したユーザーのIDおよびパスワードは破棄され、閉鎖されます。退会したユーザーのIDおよびパスワードを使用して、本システムおよび当該別システムの利用が停止されます。
  2. 退会したユーザーがアップロードしたすべての配信データは、他のユーザーの利便性を考慮して退会月の月末まで本システムから他のユーザーに対し配信されるもとのし、その後全て本システムから削除されます。ただし、当社は、社内での文書保存および参照のみを目的として配信データを使用し続けることができます。ユーザーは、本システムから配信される場合に限り、退会したユーザーの配信データを使用し続けることができます。当社は、退会後に発生する報酬を退会したユーザーへ一切支払わないものとします。
  3. 退会したユーザーは、本システムおよび当該別システムが提供する権利、所有権、利権をすべて失うことになります。
  4. 当社は、退会したユーザーの本システムへの登録を防ぐことがあります。

第29条 専属的合意管轄裁判所

ユーザーと当社との間で、訴訟の必要が生じた場合、当社の本社所在地を管轄する裁判所をユーザーと当社の専属的合意管轄裁判所とします。

(平成28年7月21日改定版)